スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不謹慎な企画展

仕事は全てキャンセルでヒマにしていたので、金曜日にバイク便の代役で書類を届けたあと、ふらふら三菱一号館美術館に行ってきた。
「マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン-華麗なる宮廷を描いた女性画家たち-」という企画展をやっていた。ルブランは聞いたことある程度の関心で観はじめた。
これが、震災・原発問題のこの時期の雰囲気には全く合わないものでびっくりした。(当然ではある)
たとえは悪いが「宮廷のポルノ」に近い印象である。
展示されたほぼ全部が肖像画で、モデルは貴族やその夫人(アントワネットも)がほとんどであって観て歩いても変化に乏しい。

美術史的にも重要ではなさそうなのだが、自分が発見したことは、まず、衣装の描写が精緻であることである。
左の絵は「盗まれた接吻」というタイトルで結構有名な絵らしいが、中央の婦人が着ている衣装のたぶんベルベットであろう生地の質感までが見事に描写されている。
右の絵もたぶんベルベット(知識がない)と思われる衣装のひとつひとつにシワまでが克明に描かれている。その描き方もいわゆる写真的「ハイパーリアリズム」とは違う印象で絵画的である。
さらにこの絵は赤と黒の塊や線が画面を分割して躍動感があった。


           pic_c_02.jpg              pic_e_02.jpg

もうひとつは発見というにはおこがましいが、ルブランが美人であったということである。
マリーアントワネットよりも美人である。(ま、趣味の問題だが)
貴族階級の中に、美貌と絵の才能で切り込んで行った女性画家、みたいなストーリーがあったのかもしれない。
画家には貧乏か狂気が共通項のようにあるが、それらから遠い平和な階級の雰囲気がある。
過剰な「意味」を求めないで美しいものを美しく描くというのも大切だとおもった。

スポンサーサイト

蒼井優の空洞

昨日、山手線のキリン「新・午後の紅茶」のポスターを見ていて蒼井優のカオには、鼻の中間くらいを中心にしてまーるい空洞があることを発見した。
この空疎なまるい部分が彼女の魅力なのではないかというトンデモ仮説。
深淵とか、吸い込まれるような魅力と言うことではなく、単にそこが丸く抜けているだけの空洞。
この丸い部分が小さくなるとかわいい笑顔ができ、広がると間の抜けた魅力ある顔付きになる。
蒼井優の変幻自在さはこの中心の空洞にあると思う。
ホントかな?
帰りの電車で確認しよう。
aoi2.jpg

石本正

思わぬプレゼントがあった。
「石本正 自選画集」1994である。
丹下健三設計の大学の図書館の雑誌コーナーで、当時あった「みづゑ」という美術雑誌で観たのが石本正との最初の出会いだったと記憶する。
今回いただいた画集で「二人の舞子」が出会いの絵であったことがわかった。
当時は画家というものが個展とか同人展をやることすらよく知らない田舎出の学生だったし、銀座の画廊は入場料を取るものと思いこみ、全く足が向かなかった。
雑誌に時々取り上げられるの追っかけていただけだが、新聞の美術欄の「新作展」のお知らせが載って、たぶん銀座の画廊に出かけたのはサラリーマンになってからだいぶたってからだと記憶する。
その時は花の絵ばかりであった。ヌードを期待していって少しがっかりしたが、花の絵を何点も観ていくうちに石本正の画面の妖艶さが納得でき、新たに感動した記憶がある。

5、6年前だと思うが、銀座に小さな画廊を持っている友人がいてアポの帰りに顔をだした時、これまたちいさな書棚にこの画集を見つけて観ていたら、友人がいろいろ講釈してくれた。それは画壇での石本の評判で、銀座にには居られないようになって京都に行ったというような内容だったと思う。

子供の頃、男の子は誰しもヌードをポルノとしてしか見ない。自分も学校の美術の教科書にあったアングルの泉?などは露骨な裸としてしか見ていなかった。
そういった子供っぽさを払拭してくれたのが石本正の絵であったことは間違いなさそうである。
石本のヌードは体はもちろん、モデルの顔がすばらしくよいのである。
本人もいうように菩薩のカオだし、その中に西洋的な天使も潜むし、もちろん娼婦の要素もある。

絵を見て感動するという貴重な体験をさせてくれた画家である。

助平ジジイ

森繁久弥が亡くなって今日、葬儀だったらしい。
自分はテレビでしか観たことない俳優で世間で騒ぐほどの印象はない。
ただ、スケベジジイの印象は強く残っている。テレビの対談番組などで露骨な視線や誘いが「枯れて」なくていやらしかった。
その同じカオで「人生訓」を垂れるので一層、いやらしかった。

そして、思い出すのが金子信雄。
まだ、生きていると思うが、だいぶ昔、料理番組で帯でやっていた。
魚住りえという小柄なアナウンサーを番組中に誘うのだが、これが本気とも冗談ともとれる絶妙な間合いだった。番組中だから演技も入っていたと思うが、そんなことなさそうな雰囲気でおもしろかった。相手の魚住さんという子も頑なところがあって受け流し方が素人っぽくて金子信雄の物足りなさそうなカオがおもしろかった。
そんなこんなで料理の内容は全く記憶にないがきちんと作って2人で食べていたと思う。

森繁と金子信雄、どちらも典型的なスケベジジイのカオだが、森繁のような気取りがないぶん、金子信雄に軍配をあげる。

森繁が亡くなった時のテレビで徹子の部屋の一部を流していたが、あの徹子さんがほとんどしゃべれずにいたのがおもしろかった。あのとき、徹子さんは「質問したのに相手の答えも言ってしまう一人対談」の極意を得たのではないかと疑った。

鳩山、前原の薄ら笑い

民主党も与党になったはいいが、その地位、立場にとまどいがあるように見受けられ、そろそろ批判が集まり始めていますが、もうすこしガマンしてあげてもいいような気がします。

そんなこととは関係なく、発足当初から鳩山さんと前原さんの目元と口元が妙な歪み方をして「笑っている」ように見えるの気になっています。
鳩山さんは昔からそういった表情をする人でしたが、前原さんは八ツ場ダムでの映像で強く印象づけられました。(最近の前原さんはそうでもなくなってきている気がしています)
政治家としてあまり得策な表情とは言えないのではないでしょうか?
現在のように登り調子の時は、
・調子に乗っている
・人をバカにしている
・何かたくらんでいる、ウソをついている
と思われ、窮地に立てば
・真剣さがたりない、ふざけている
・隠し事をしている
・テレ笑い、逃げだそうとしている
などいずれの場合も「余裕がある。自信がある。ちゃんとわかっている。」というようにプラスに解釈されることは少ないと思います。

直前の総理は口をネジ曲げていましたが、あそこまではっきりしていると詮索されなくなります。鳩山、前原さんは「うすい、はっきりしない」ことがいけないと思います。
プロフィール

aurak

Author:aurak
名前   石井栄造 ・ 男性
仕事   マーケティングリサーチ
住まい  東京都杉並区
http://www.auraebisu.co.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。