スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソマティックマーカー仮説とマーケティング

状況:推論と決断を迫られている。例えば、昼休み弁当(昼飯)買いにCVSに入った。

マーケティング的な消費者行動予測:費用/便益分析を行い(推論)、最適な弁当を買う(決断)

ソマティックマーカー仮説:上記の推論の前に人は「ある直感的な感情」を体験する。(ただし、意識していない)例えば弁当Aを見ただけで不快な感情を持つ。この感情は「体に関するもの(ソマティック)」で「あるイメージ(好悪どちらでも)をマーク」する。

ソマティックマーカーはどう働くか:ネガティブなソマティックマーカーは「警報(その選択は危険をもたらす)」となり、ポジティブなソマティックマーカーは「誘引(それを買え)」となる。

こういった解釈でよいのか心もとないがインタビューでよく出会うコトバ「ただ、なんとなく。。。」はまさにソマティックマーカーを表現しているのかも知れない。
では、どのような要因でソマティックマーカーが生じるのかを追求しないとマーケティング上は意味がない。
スポンサーサイト
プロフィール

aurak

Author:aurak
名前   石井栄造 ・ 男性
仕事   マーケティングリサーチ
住まい  東京都杉並区
http://www.auraebisu.co.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。