スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティブインタビューのモデレーション

アクティブインタビューのためのモデレーターのポジションは以下のなかで、もちろん4番目である。
ここに至る方法論(道筋)はうまく説明(マニュアル化)できない。

  モデレーターの態度      場への関わり       行 動

① 完全な観察者          いれこむ         質問モレがない
② 参与者としての観察者     はいりこむ        自由な会話ができる
③ 観察者としての参与者     踏み込む         核心を突く質問ができる
④ 完全な参与者          棲みこむ         (対象者の)感覚・記憶に頼らない

最初にモデレーションする時は誰でも「入れ込み」状態で、対象者の雰囲気やバックルームの状況など気にする余裕はなく、単なる質問マシーンとなって、気になることは「聞き忘れはないか」ということだけの状態になります。
少し慣れてくると質問から「会話」に使い状態になりますが、その場の雰囲気に流されるだけで、会話の主導権が取れない状態です。
インタビューは外から見ると盛り上がってうまくいっているようですが、何も分析できていない状態でデブリーフィングに突入となり、混乱はここから始まります。
次は、関係性のほとんどを自らコントロールできて、テーマに対する的確な再質問(プロービング)をしながら全体雰囲気は壊さないモデレーションになります。

我々が目指すアクティブインタビューのモデレーションは対象者の中に「棲みこむ」ことを目指します。
きわどい言い方をすると「憑依」することになります。
生活者の生活心理の中にまるごとはいりこんで、観察者や参与者の視点ではなく、当のその人の視点からテーマに関する行動や意識を理解しようとするものです。
対象者を回答マシーンとしての役割から解放するのが、新しい意味の生成の第一歩です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aurak

Author:aurak
名前   石井栄造 ・ 男性
仕事   マーケティングリサーチ
住まい  東京都杉並区
http://www.auraebisu.co.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。