スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティブインタビューの対象者

昨年、「サンプルからスウォームへ」という記事を書いたが、ここで、アクティブインタビューの対象者を考えてみる。
多少の無理は承知で以下のように調査対象者と調査方法論を対応させた。

サンプルの時代     野生状態         標本理論による訪問面接調査
モニターの時代     放牧の始まり       インターネットリサーチ
コミュニティの時代    飼育方法の研究      MROC
スウォームの未来    野生を野生のまま扱う   ビッグデータ

以上は、いわゆる定量調査よりの対象者である。
アクティブインタビューはもちろん定性調査であるので、上記の分類は当てはまらない。
では、アクティブインタビューの対象者条件を旧来のインタビュー調査の対象者と仮想的に対比してみよう。

     旧来のインタビュー対象者          アクティブインタビューの対象者
 ①デモグラフィック特性                   ・デモ特性の条件はゆるい
 ②購入行動、使用行動の条件               ・同左
 ③インタビュー慣れしてない                ・インタビュー慣れして欲しい 
 ④専門家は排除                       ・競合会社でない専門家 
 ⑤主催者の意図を忖度しない               ・主催者と一緒に考える
 ⑥正直な回答者                       ・意味生成の協働者  

というような内容になろう。
②の条件は従来と変わらないが、老若男女が混じることは大きな問題ではない。
デモ特性はバラついてもいいので、当該テーマに対する意識や関心度は一定レベルをクリアしていることが重要になる。
③のインタビュー慣れは、むしろ慣れていて欲しくて、その方がラポール形成の時間節約になる。
④競合会社の社員や競合会社の仕事をしている人でなければ、専門家であってもよい。
そういった専門家にインタビューの現場で生活者(対象者)の意識に「棲みこんで」もらうという「新しい仕事」がモデレーターに課されることになる。そういったことができる専門家であれば問題ない。
一般のインタビューでは、「主催者のことは気にしないで、悪口でもなんでも自由に話してほしい」とお願いするが、アクティブインタビューでは「これこれの目的で、みんなで自由に考えて欲しい。その過程で製品やメーカーの悪口は自由です」というお願いになる。
そうすることで、回答マシーンから脱却してもらって、「新しい意味生成」の協働者(パートナー)になってもらうのである。
但し、あくまでもインナーの立場に立たないようにモデレーションすることは大切である。
そこが社内・社外モニターとの違いである。
              
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aurak

Author:aurak
名前   石井栄造 ・ 男性
仕事   マーケティングリサーチ
住まい  東京都杉並区
http://www.auraebisu.co.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。