FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報フレーミング

『ココロの盲点』p16~19 に「情報フレーミング」が出ている。

池谷さんの事例は、ダイエット中の人が「赤身75%」のひき肉と「脂身25%」のひき肉とではどちらが選ばれやすいかという設問で、どちらも同じ中身なのに「赤身75%」の方が選ばれやすい。ということであった。

この認知バイアスは積極的に使った方が幸せになれる。
「まだ、やることが半分以上残ってる」というフレーミングよりも「仕事は、半分近く片づけた」というフレーミングの方が、皆、幸せだ。(のはずだ)

ある食品ジャンルでは「低脂肪」とうたっている製品が、だいたい20~30%脂肪を減らしたもので、それ以上減らすと味覚の問題で拒否されるということであった。
それが、新技術の開発(イノベーション)で半分に減らしても従来の味覚が保障できるようになった。
そこで、「低脂肪」ではなく、「脂肪分50%カット」と訴求した方が効果的だろうとなった。
ところが、これでは効果的な「情報フレーミング」ができていないことに気づいた。
開発者は、現在の低脂肪が20~30%のカットであることを知っているが、一般消費者は「低脂肪」がどれくらい「低い」かという具体的な数値は知らないはずである。
ことによると「低脂肪=50%以上のカット」という誤解があるかもしれない。
だから「50%カット」を訴求してもにインパクトがないのである。

これは、厳密には情報フレーミング以前の問題ではあるが、マーケティング上の罠として気を付けるべきである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aurak

Author:aurak
名前   石井栄造 ・ 男性
仕事   マーケティングリサーチ
住まい  東京都杉並区
http://www.auraebisu.co.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。