スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定性調査という呼び方

定性調査という呼び方はいつごろから定着したのだろう?
マーケティングリサーチというと自動的に定量調査をを想定し、抽出と調査票作成が仕事として浮かび上がって来ていたのが初期の状況だと思う。
グループインタビューという形式でアメリカから輸入されたのが最初で、その時は定性調査という呼び方はされていなかった。
インタビュー形式の調査はカウンセリングの手法から発展したものと思っていた。(間違いかどうかわからない)
だから、1on1インタビューが定性調査の基本でグループインタビューは、グループセラピーの位置づけで方法論としては派生型のものと考えていた。
1on1とグループインタビューの双方が定着することで、ひっくくって定性調査とう呼び方が出てきたのではないかと想像する。
(ちょっと調べたがその辺の事情ははっきりしない)

やがて定量調査はネットリサーチの代名詞という状況になり、最近はビッグデータというあさっての方向からの流行語で、すっかりプロファイルがあいまいになってきた。
もとの「いわゆるアンケート調査」という言い方に近いプロファイルになり、科学性や信頼性が増してきているという状況にないのが定量調査かもしれない。

定性調査の方はイノベーションはほとんどなかった。
エスノグラフィーや行動観察、MROCなどがその可能性を感じさせたが、結果がシャープではないせいか、いまや下火で相変わらずのインタビュー調査が行われている。
だから、定性調査はインタビュー調査の代名詞であってそれ以上ではないといえる。

インタビュー調査の枠を超えて、文字通りの定性調査の開発、体系化をめざしていこう。
といってもあまり元気は出ないが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

MROC

興味深い投稿有難うございました。「エスノグラフィーや行動観察、MROCなどがその可能性を感じさせたが、結果がシャープではないせいか、いまや下火で相変わらずのインタビュー調査が行われている。だから、定性調査はインタビュー調査の代名詞であってそれ以上ではないといえる。」確かにおっしゃられるように、このあたりが日本の定性調査の課題でしょうか?インタビュー調査以上のものにする必要があるかと思います。定性リサーチャーの標準化、資格化の動きが一部のクライアントからでていますように、クライアント側の新たなニーズを満たす定性調査へのアップグレードが求められているようです。ところで欧米での定性調査qualitative researchの歴史は、イギリスのリサーチ協会(MRS)の本、Shelia Keegan, Qualitative Research(2009)によりますと、戦後生まれだそうです。1950年代のTV,雑誌などのマスコミュニテケーションの拡大と同時に、フロイト心理学や、動機理論、精神分析理論などへの注目の高まりがあり、60年代のマーケティングの拡大によって、アカデミックの定性調査とは別に、ビジネス目的のコマーシャル「定性調査」が生まれたそうです。70年代後半から80年代に先進国の間で急成長したと書かれていました。これらの欧米での動きと呼応して日本の定性調査も普及してきたと思われます。      

Re: MROC

岸川さま

コメントありがとうございます。
弊社でも定性調査=インタビュー調査の創意工夫(イノベーションといえるもどでもない)をめざしています。
とりあえず、8月6日に実験第2回を行います。
興味ありそうな方にご紹介いただければ。      
プロフィール

aurak

Author:aurak
名前   石井栄造 ・ 男性
仕事   マーケティングリサーチ
住まい  東京都杉並区
http://www.auraebisu.co.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。